冬はご注意|完治を目指して|苦しい鼻づまりにはこれ!
看護師

完治を目指して|苦しい鼻づまりにはこれ!

冬はご注意

男性

副鼻腔炎の症状

鼻の症状には色々ありますが、副鼻腔炎もその一つです。副鼻腔炎とは、副鼻腔に細菌やウィルスが侵入することで、副鼻腔内に炎症が生じる疾患です。症状としては鼻水や鼻づまりが良く起きますが、ひどい場合は頭痛や歯の痛みを伴うこともあります。更に嗅覚に影響が及んだり、炎症がのどまで広がることもあります。副鼻腔炎を放置することで、中耳炎を併発する可能性もあります。そのため鼻の調子がおかしいと感じたら、早めに耳鼻科を受診することがすすめられます。東京の副都心新宿には、新宿駅を中心に耳鼻科が集中しています。新宿には高層ビルが立ち並んでいますが、その中に耳鼻科クリニックを開業しているところも多いです。アクセスが良好のため、継続して通うことができます。

副鼻腔炎の治療

冬になり寒くなってくると副鼻腔炎にかかる人が増えてきます。風邪の引きやすい時期になることが多いので、風邪をひいて鼻症状が続くと副鼻腔炎の可能性もあります。そのような場合は耳鼻科に受診すると良いでしょう。副鼻腔炎の治療は主に薬物療法とネブライザー療法があります。薬物治療では症状を抑えるための抗炎症剤を使ったり、抗菌薬を投与したりします。またこれ以外にも痰を去痰剤などが処方されることもあります。ネブライザー療法では、抗菌剤やステロイド剤を含んだ薬液を霧状にして、鼻から吸い込む形で投与します。局所的に投与するので、全身への副作用が少ない治療方法です。新宿では、駅前を中心に耳鼻科クリニックが開業しています。駅に広告看板を出している医療機関もあるので、チェックしてみると良いでしょう。