先生

完治を目指して|苦しい鼻づまりにはこれ!

冬はご注意

男性

冬になると副鼻腔炎にかかる人が増えてきます。風が長引いて鼻水や鼻づまりが治まらない場合は、副鼻腔炎の可能性もあります。副鼻腔炎がひどくなると頭痛や歯が痛くなることもあります。鼻症状が続く場合は耳鼻科の受診がすすめられます。新宿地区にも駅前を中心に集まっているので、とても通いやすいです。

読んでみよう

年齢に負けないで

女の人

難聴の方にお勧めとなっているのが補聴器の使用です。補聴器を使用すれば楽に音を聴き取れるため日常生活の質が大幅にアップします。この補聴器の購入には耳鼻科での検査が必須となっています。フィッティング作業を円滑に行い自分に合った製品を購入するためにも、まずは耳鼻科でしっかりと相談するようにしましょう。

読んでみよう

自分の耳に合った物を選ぶ

男性

耳が聞こえにくくなる事で、人との会話が上手くできなくなったり、周囲の状況が解りにくくなってとても危険です。自分の耳の状況をしっかり把握する事が大切であり、専門医の指導に従って正しい補聴器の選び方をする事が大切です。

読んでみよう

鼻の健康を守ろう

女の人

意外な病気が隠れています

鼻づまりと言えば一般的には風邪であったり花粉症であったり、一時的に症状が悪化し、その時は非常に辛いのですが喉元過ぎれば忘れてしまい、ついつい放置してしまうものですよね。ですが本当にそれが単純な症状なのかどうか受診してみなければ解らないものです。たかが鼻づまりだと軽く見ないで、辛いと思ったら根本治療をするべく受診されることをお奨めします。花粉症は簡単には治らない病気だと知られていますが、ごく最近は新しい治療法も開発されて1、2年治療を継続すれば完治できるというデータも出ているようですので諦めないで下さい。耳鼻科に行けば大抵は鼻うがいの機械も置かれていますので、それをするだけでも随分と楽になりますからね。

頭痛はしませんか

鼻づまりと共に頭痛がする方はおられませんか。単に風邪が長引いて鼻づまりがいつまでも続くなと感じていらっしゃる方、もしかするとそれは風邪ではなく蓄膿症かもしれません。今は蓄膿症と言わずに副鼻腔炎と言う病名のようです。風邪の鼻づまりが治らずに発症することが多いようですが、副鼻腔という鼻の奥の空洞にドロドロの鼻水が溜って頭痛を引き起こすという厄介な病気です。ただの偏頭痛だと思っている人でも意外と副鼻腔炎が潜んでいることが多いものですので頭痛持ちの人は耳鼻科を受診してみるのも良いでしょう。治療は一ヶ月くらい薬を飲むことで完治すると言われていますので、それほど大変なものではありませんが悪化すると手術が必要になるほどの病気ですので甘くみないようにしましょう。